30代からのキレイを磨く女性のブログです

天国と地獄サイコな2人第4話あらすじと感想!意外や日高は二重人格?

Heaven and Hell Episode 8




第3話でまた恐ろしい猟奇殺人を犯した彩子<日高>怖かったですね。今回はどうストーリーが進行するのかハラハラして視聴しましたが・・・

 

天国と地獄サイコな2人第4話あらすじ

Heaven and Hell Episode 4

出典:https://www.cinemacafe.net/

彩子<日高>が殺人を犯した第3話のラスト。その被害者は暁土地開発の元代表取締役社長「四方忠良」であることが判明します。殺害後には室内の清掃が行われ、手のひらには「φ(ファイ)」のマークが残されていました。

 

事件が起きて日高<彩子>は河原から事情聴取を受けますが、証拠不十分で解放されます。聴取後、日高<彩子>が彩子<日高>の胸倉を掴む様子を目撃した河原は2人につながりがあるのでは? と疑念を抱きはじめます。

 

彩子<日高>が殺人を犯したことで、魂が元通りになっても日高を逮捕することが不可能になり、日高<彩子>は絶望的な気持ちになります

 

後日、日高<彩子>が捜査本部専用の情報のデータベース化を買って出るが、一体その目的は…?

 

 一方、陸(柄本佑さん)もまた、彩子の家で発見した“血の付いた防護服”のことで頭を悩ませていました。

 

証拠不十分で解放された日高でしたが、コ・アース社では、会社の信頼が失墜しかかっていることを案じた秘書の樹里(中村ゆり)に詰め寄られ、おまけに、頼みの綱だった八巻は殺人鬼の彩子<日高>を恐れ、これ以上協力できないと言い出します。

 

今のままでは自分が殺人犯になってしまうことに絶望的な気分になる彩子。そんな中、2人に疑いを向けた河原が、事件の目撃者情報をつかんだ様子…。

 

河原は彩子<日高>にそっくりな人間の目撃証言を入手。

目撃者を利用して彩子<日高>を追い詰めようとしますが、れを察知した彩子<日高>と日高<彩子>は協力。河原が目撃者を脅してうその証言をさせた証拠を警視庁に送り付け、河原は捜査から外されてしまいます。

 

さらに自分もろとも彩子<日高>の犯行を阻止しようとする日高<彩子>に対し、「…だからあなただったんですか。だから私はあなたと入れ替わったんですよ」

“入れ替わり”についても何かしら知っているかのような素振りを見せる場面もあり、日高<彩子>も日高が誰かを庇おうとしてる可能性を考え始めます。

 

次は何番ですか?

捜査が進められる中、彩子<日高>は風呂で一人、スマホの画面をのぞいていました。画面には複数人の氏名と住所が書かれています。

その中の「田所仁志」と「四方忠良」の名前に目を落とした彩子<日高>。

 

「田所仁志」は第1話で登場した口内にパチンコ玉を詰められて殺害された男性です。

「田所仁志は『2』、四方忠良の『4』」とつぶやきながら、浴室の曇った鏡に数字を書きつける彩子<日高>。そして「次は何番ですかねぇ…」と言いつつ、「φ(ファイ)」のマークを描きます。

このシーンで被害者の氏名には「仁」「四」と“数字”が入っていることが明らかになりました。

 

日高は二重人格なのか?

日高<彩子>から「どうして人殺しなんかするの? 動機は何? どうして田所さんや四方さんだったの?」と聞かれた彩子<日高>は「動機も理由もないですよ。ただ突然殺したくなるんです」と答えます。

 

そんな日高に彩子は「日高は二重人格? それとも何かを隠してる? 大切な誰かを守るために? そのために人殺しを犯している? それとも共犯がいる?」とさまざまな思いをめぐらせます。

 

被害者にまつわる「2」「4」という数字の法則に、日高の殺人の動機…。

 

名前に数字が入っている八巻(溝端淳平さん)「陸は6?」河原三雄(北村一輝さん)、五十嵐公平(野間口徹さん)、新田将吾(林泰文さん)、十久河広明(吉見一豊さん)、五木樹里(中村ゆりさん)など名前に数字の入っている人物は多い。ますます謎が深まります。

 

天国と地獄サイコな2人第4話感想

Heaven and Hell Episode 4

出典:https://www.cinemacafe.net/

日高が階段から落ちた時に記憶が消えているというと社員はとても心配していました。

日高は社員から愛されているんですね。

日高の妹の話でも、やさしい日高で、全く殺人を犯すような人間には見えませんよね!「日高も誰かと入れ変ってるんでしょうか」それとも二重人格なのでしょうか?

 

陸も彩子の家で発見した“血の付いた防護服”で悩んでいたことを日高に話しますが、上手いこと誤魔化されて納得しましたね。

やれやれホッとしました。あまり、深く追求すると狙われそうですから。。。

 

それにしても、彩子のエプロン姿可愛かったです。陸も見とれていましたね!

 

日高と彩子が協力して河原をやり込めるところは痛快でした。

カバンのチャームは殺人が起きた後なのに河原は知らなかったんですね。チャームのことを目撃者に言わなければ、彩子<日高>はヤバかったかも知れません。

 

日高<彩子>から「どうして人殺しなんかするの? 動機は何? どうして田所さんや四方さんだったの?」とか、彩子<日高>は日高<彩子>に対し、「…だからあなただったんですか。だから私はあなたと入れ替わったんですよ」

 

日高は彩子のような人を求めていた?きっと、日高には何か訳があって、彩子なら助けてくれると思ったのかな?彩子は、日高の過去の話や会社での姿を見て・・・このあたりから、二人に愛が生まれていくのではないか。。。と考えてしまいます。