30代からのキレイを磨く女性のブログです

中国ドラマエイラクのモデルになった孝儀純皇后はどんな人?史実を検証!

Chinese drama Eiraku model




 

中国ドラマエイラク『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 』を見ています。2018年の動画再生回数180億回を記録し、中国で社会現象を起こしたドラマです。

 

清王朝の宮廷を舞台にしたドラマで女たちの闘争が強烈!日本ではエイラクを「女性版 半沢直樹」と称され大ヒット。

 

中国ドラマエイラクのモデル、孝儀純皇后はどんな人物だったのか、実在した人物と架空の人物など紹介します。

 

史実を知ってドラマを見るのと、知らずに見るのとでは面白さが断然違いますよ!

 

中国ドラマエイラクのモデル孝儀純皇后はどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

延禧攻略(@story_of_yanxi_palace)がシェアした投稿

 

中国ドラマエイラクのモデルになったのは清朝の孝儀純皇后(こうぎじゅん こうごう) 魏佳氏です。 

 

孝儀純皇后の本名は記録されておらず、ドラマでは瓔珞となっています。

魏佳氏は第6代皇帝・乾隆帝の妃です。令妃・令貴妃・令皇貴人と呼ばれました。

 

美人で心根の良い魏氏は、乾隆帝に気に入られ、乾隆10年(1745年)、18歳の時に貴人に冊封されて以降、3年という短期間に、令嬪→令妃と異例のスピード出世をしました。

 

ちなみに、使われている“令”の字の出典は<詩經·大雅>の中の「如圭如璋,令聞令望」という一文で、“美しい”、“素晴らしい”を意味。また滿文だと“聡明”を意味するそうです。

 

その後も、乾隆24年(1759年)に令貴妃、乾隆30年(1765年)に皇貴妃となりました。

 

孝儀純皇后の史実

地位は魏貴人→令嬪→令妃→令貴妃→令皇貴妃→追贈皇后です

孝儀純皇后は内務に選抜されて宮女として後宮に入り、最初の皇后である孝賢純皇后から教育を受けます。

 

乾隆10年(1745年)、18歳で魏貴人になり、同年令嬪になり、乾隆13年(1748年)に令妃となりました。乾隆21年(1756年)に固倫和静公主を出産します。乾隆22年(1757年)に十四男永璐(早世)を出産します。

 

乾隆帝の妃のうちで最も多い4男2女をもうけたことから、最も寵愛の妃とされました。

 

孝儀純皇后は2番目の皇后ナラ氏が廃位された後、皇貴妃に進んだことから、後宮を取り仕切っていました。

乾隆40年(1775年)死去。裕陵に葬られました。令懿皇貴妃と諡されますが、その後十五子永琰が皇太子に立てられたことで、その生母として孝儀皇后と追贈されました。

 

孝儀純皇后の生い立ち

  • 生年月日:1727年10月13日
  • 没年月日:1775年2月28日
  • 享年:47歳

満洲正黄旗の包衣(内務府所属の漢人)の出身。姓は魏氏。魏清泰(満洲貴族に使える奉公人)の娘。後に鑲黄旗に抬旗され、満州姓「ウェイギャ(魏佳)」が授けられました。

 

中国ドラマエイラクはいつの時代か?

 

この投稿をInstagramで見る

 

延禧攻略(@story_of_yanxi_palace)がシェアした投稿

 

新王朝時代(1636〜1912)清王朝の第6代皇帝乾隆帝(けんりゅうてい:愛新覚羅弘暦)の時代。

乾隆帝は新王朝の最盛期を作りあげた皇帝。

元号が乾隆だったため乾隆帝と呼ばれることが多い。

この時代の日本は江戸時代徳川吉宗、朝鮮は朝鮮王朝の英祖の時代に当たります。

 

中国ドラマエイラクで実在した皇后・側室は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

延禧攻略(@story_of_yanxi_palace)がシェアした投稿

 

孝儀純皇后以外に実在した皇后や側室を見てみましょう!

 

孝賢純皇后・正室(フチャ氏、富察氏)

Chinese drama Eiraku model

出典:ウィキペディア

雍正5年(1727年)、宝親王の弘暦(後の乾隆帝)に嫁ぎ、嫡福晋(正室)となりました。

乾隆帝との間には雍正6年(1728年)に長女、雍正8年(1730年)に次男永璉を出産しますが、夭折しました。雍正9年(1731年)、三女固倫和敬公主を出産します。

 

乾隆帝が即位すると、皇后に立てられた。乾隆11年(1746年)乾隆帝の第七子永琮を出産するが翌年に夭折しています。

 

皇后は嘆き悲しみ、皇太后(孝聖憲皇后)に同行して泰山へ行幸したのですが、その際に病気になり、乾隆13年(1748年)に亡くなってしまい、乾隆帝は皇后の死を悲しみ、皇后のため悼亡詩を作ったといわれています。

 

継皇后(ナラ氏、那拉氏)

Chinese drama Eiraku model

出典:まめだいふくブログ

乾隆帝の最初の皇后である孝賢純皇后が亡くなると皇貴妃となり、乾隆15年(1750年)に皇后に立てられました。

 

乾隆30年(1765年)、乾隆帝の江南巡幸の際、帝の怒りを買って直接北京に送り返される。一説には当時の満洲人としては禁忌であった断髪をしたことが皇帝及び皇太后への呪詛とみなされたという(史書に記載が残されていないため、輝發那拉氏が断髪した本当の理由は謎)。

 

帰京後のナラ氏は、廃后の詔書こそ下されなかったが、事実上皇后位を廃され没後、葬儀は皇族の一員で執り行われましたが、その規模は小さく出席者も少なかったそうです。

 

また、皇后なのに乾隆帝の裕陵には附葬されず、純恵皇貴妃の園寝に埋葬され、諡号もつけられなかったそうです。

 

慧賢皇貴妃(ガオギャ氏、高佳氏)

Chinese drama Eiraku model

出典:ウィキペディア

(けいけんこうきひ、康熙50年(1711年) – 乾隆10年は、清の乾隆帝の側妃。)姓は高氏。河道総督洊陞大学士の高斌の娘。

 

宝親王の弘暦(のちの乾隆帝)の府邸に入り、使女(側女)となり、雍正12年3月(1734年)、側福晋(側室)となりました。

 

皇后に次ぐ後宮ナンバー2の座に就くも、元来身体が弱く、長年薬を服用しており、子に恵まれず、病床についている時、皇貴妃に冊封されるも、回復することなく、間も無くして死亡しました。

 

ドラマと違うところは、皇后(フチャ氏、富察氏)や皇太后ともうまく付き合い気に入られていたそうです。

 

その他実在した側室

・純恵皇貴妃(蘇氏)

・慶恭皇貴妃(陸氏)

淑嘉皇貴妃(ギンギャ氏、金佳氏)

・婉貴妃(陳氏)

穎貴妃(バリン氏、巴林氏)

・忻貴妃(ダイギャ氏、戴佳氏)

・愉貴妃(ケリェテ氏、珂里葉特氏)

・循貴妃(イルゲンギョロ氏、伊爾根覚羅氏)

・晋妃(フチャ氏、富察氏)

・容妃中国語版(ホージャ氏、和卓氏)ウイグル族。香妃伝説中国語版のモデル。ドラ   マでは順嬪(沈壁)

・舒妃(イェヘナラ氏、納蘭氏葉赫那拉氏

 

こうして見ると、乾隆帝の皇后や側室も実在した人物で、史実もほぼ同じように描かれていますね。驚くことに、皇妃は42人もいたそうです!

 

中国ドラマエイラクの皇后、側室以外実在した人物

 

この投稿をInstagramで見る

 

延禧攻略(@yanxi.palace)がシェアした投稿

 

富察傅恒(ふちゃふこう)

 

Chinese drama Eiraku model

出典:ウィキペディア

1722年に生まれ、1770年に没した清王朝の大臣・軍人です。満州族出身の名門貴族です。史実通り乾隆帝の第一皇后、孝賢純皇后富察氏の弟です。

 

名門の出で、乾隆帝の時代、特に軍事面で才能を発揮した清の重臣です。

 

しかし、後に皇后となる魏氏と恋仲だったという話は、まったくのフィクションです。

 

祖父は康煕初期の高名な政治家の米思翰。軍機大臣、大學士を務めました。

 

ビルマ遠征から戻り北京でマラリアにかかって命を落としました。

 

海蘭察(ハイランチャ)

Chinese drama Eiraku model

出典:ウィキメディア

清朝の乾隆帝時代に活躍した将軍です。

 

海蘭察は、乾隆帝が命じた数々の戦いに参戦、多くの手柄をたてました。勇猛果敢なエヴェンキ族の多拉爾(ドラル)氏出身。

 

海蘭察は、乾隆帝が命じた数々の戦いに参戦、多くの手柄をたてました。 

 

李玉(乾隆帝お付きの太監)

実在した太監です。

 

伝説によると、河北省大城の非常に貧しい家の出身で、母親が物乞いに行っている間に置き去りされた李玉は、獰猛な犬に噛まれ、大泣きしていました。

 

その泣き声をたまたま耳にしたのが、孝恭仁皇后(雍正帝の生母)で、孝恭仁皇后(雍正帝の生母)は、血まみれになった可哀想な赤ん坊を治療し、宮中で育てるよう命じました。

 

その後、李玉が15~6歳になった頃、孝恭仁皇后が彼に再会すると、眉目秀麗な青年に成長。孝恭仁皇后は、李玉を世話係の太監として、自分の元に置くようになります。

 

李玉は周到なお世話と温厚な人柄で孝恭仁皇后に気に入られ、自然と人脈もでき、乾隆帝が即位すると、太監總管に出世しました。

 

ドラマではイメージが違って笑いを誘う、微笑ましい李玉になっています。

 

葉天士(1667-1747)

葉天士は、瓔珞の進言で連れて来られら江南の医者。但し、葉天士は実在の名医でも、魏氏(=瓔珞)と親交があったというのは作り話。

 

そもそも、葉天士は乾隆10年(1747年)に80歳で死去。ドラマとは時代にズレがあります。この葉天士は、清朝時代に実在した名医です。

 

和親王弘昼

五阿哥とか、五爺言われるからには雍正帝iの五男で、四阿哥寶親王であった乾隆帝のすぐ下の弟です。酒好きで気が荒く短期で、歳を取ると奇行が目立ったそうです。

 

死んだフリして自分の葬式をして、家人を泣かせてその様子を見ながら飲食して楽しんだとあります。

 

ドラマの中では弘昼は自害させられたようになっていますが、史実は、酒の飲み過ぎや、暴飲暴食がたたって病気で亡くなったようです。

 

その証拠に系譜に「和親王」として載っており、弘昼の子が「和親王」の地位を継いでいます。

 

中国王朝では、自害をさせられるとき、その身分を取り上げられるそうです。死後も身分や爵位は取り上げられたままなので、子孫が引き継ぐことはできないようです

 

追記:中国ドラマエイラクの主題歌やエンディング曲

主題歌とエンディング曲をチェックしました!

 

録画をしている方は最初の方が聴けないと思いますので、じっくり聞いてください。

 

なかなか良い曲ですよ!

 

続いてエンディング曲です。画像とマッチした哀愁のある曲です。私は録画で見ているので、エンディング曲を聴けないんですよ。

 

cmをカットされるのは良いけれど、こんな良い曲をカットされるのは寂しいです。