30代からのキレイを磨く女性のブログです

SEOに強い文章の書き方とは【検索意図に沿ったコンテンツが大事】




men

SEOに強い文章を書きたい人「SEOに強くなる文章の書き方が知りたい。頑張ってブログを書いてるけど、いまいちアクセスが増えないなぁ…。SEOで勝てる文章を書くにはどうしたらいいんだろう…?なにかコツとかがあるのかな?」

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • SEOに強い文章の書き方とは
  • SEOに強い文章の書き方は検索意図を理解する

 

について解説します。

 

本記事では、SEOに強い文章の書き方を知りたい、具体的に SEO対策をした文章の書き方を身につけたいというあなたに。SEOに強い文章がしっかり書けるように説明します。

 

それでは、下記の順番で進めていきます。

 

  1. SEOに強い文章の書き方とは
  2. SEOに強い文章の書き方は検索意図を理解する

 

SEOに強い文章の書き方とは

SEOに強い文章の書き方の画像

記事を書く上で、ユーザー目線(ユーザーの利便性)を心がけることが大切です。
ユーザー目線を心がければ、ファンが増えやすい、Googleに評価されやすい(SEO効果が得やすい、検索順位が上がりやすい)などのメリットがあります。

 

ユーザーからすれば、わかりやすく、見やすく、使いやすい内容にして、ユーザーの利便性を高めながら記事を書くことが重要です。

 

アクティブユーザーが最も多いGoogle検索エンジンの方針に基づいてブログを書くことで、検索順位の上昇、多くのファンを獲得することにもつながるというわけです。

 

その一方で、自分の思うがままにただブログを書いても、ユーザーに読まれません。

 

ファンが増える、検索順位が上がりやすいなど、メリットを得たければユーザー目線でブログを書くように心がけることをお勧めします。

 

キーワードに対して答えをしっかり明示する

SEOに強い文章は、キーワードに対しての答えがしっかり明示されています。

 

例えば『沖縄 気温 10月』というキーワードを検索してきた閲覧者のことをイメージしてみてください。

 

このキーワードをわざわざパソコンやスマートフォンで検索した人は、

 

『沖縄の10月の気温は27℃』

 

ということを知りたいはずです。

 

キーワードに対して答えがしっかり明示されている文章は、SEOに強い文章といえます。

 

検索意図を理解した情報を網羅して書く

SEOに強い文章は、キーワードを入力した人が、本当に知りたい情報の先を見据えた情報が書かれています。

 

例えば先ほどと同様に『沖縄 気温 10月』というキーワードを検索してきたユーザーのことをイメージしてみてください。

 

この閲覧者が知りたいのは、沖縄の10月の気温ですが、本当に知りたいのは、『半袖でも大丈夫か長袖が必要か』といった洋服選びの情報ですね。

 

『沖縄 気温 10月』と検索した『検索意図』を理解すれば、おのずと服装に関しての情報などが書けるはずです。

 

検索意図を理解した文章は、SEOに強いと断言できます。

 

分かりやすい言葉を使う

SEOに強い文章とは、キーワードを検索してきたユーザーが、読みやすくわかりやすい言葉で構成されています。

 

例えば『新しいやり方』というキーワードで検索してきた人にとっては、きっとイノベーションといった専門用語はわかりにくいでしょう。

 

ビジネス系の横文字専門用語は、一部の人しかわからないことが多いです。

 

誰でもわかりやすい言葉を使うようにするのがポイントです。

 

専門用語がびっしり羅列していると、その言葉がわからない人にとってはググりながら読むので進まないし疲れてきますよね。

 

わかりやすい言葉を使い分けると、ユーザーはさらに読み進められるので、結局はSEOに強い文章といえますね。

 

共感しやすい話し言葉を使う

SEOに強い文章とは、共感しやすい言葉で構成されています。

 

文末が『~だ。』という表現よりは『~ですよね。』といった、語り口調の文章の方が読みやすいです。

 

キーワードを検索してきたユーザーをしっかりと意識して、その人に伝えるような語り口調の文章の方が、共感しやすいです。

 

共感しやすい言葉を使うと、ツイッターなどでシェアしてもらいやすくなるので、SEOに強いです。

 

情報の順番は結論・理由・具体例

SEOに強い文章とは、結論・理由・具体例という順番で構成されています。

 

基本的にはユーザーは答えを知ることが最優先なので、結論(※キーワードに対する答え)が先にわかる方が大事なのです。

 

結論が明示されていない状態で、ダラダラ文章が続いていると、何が書いてあるのかさっぱりわからなくなって、読む気がなくなってしまいます。そういう気持ちになってしまうとユーザーはそのページから離脱してしまいます。

 

まず『結論』が先に書かれていることがポイントです。

 

そのあとに『理由』が書かれていると読みやすく、さらに『具体例』が書かれていると、納得してもらえます。

 

『結論』『理由』『具体例』の順番で書かれている文章はSEOに強いです。

 

画像を適切に使っている

SEOに強い文章は、画像が適切に使われ、その画像を補足説明的に使っています。

 

画像だけをペタペタ貼るのではなく、その画像がどんな画像で、それが何を意味しているかを丁寧に解説しています。

 

テキストだけの記事コンテンツは、読む気になれませんよね。見ただけでページを閉じてしまいたくなります。

 

できる限り画像や表などを適切に追加して、読みやすい記事コンテンツにするとユーザーに飽きられません。

 

画像だけがペタっと貼ってあってもダメです。画像の内容を文章で補足説明してあげるとSEOに強いです。

 

もちろん画像もaltタグを適切に設定するのが好ましいです。

 

見出しが適切に使われている

SEOに強い文章は、見出しが適切に使われています。

 

見出し(h2やh3)を設定することで、Googleクローラーが把握しやすいHTML構造になり、的確にコンテンツの内容を把握します。

 

つまりSEOに強い文章は、Googleクローラーが情報を機械的に読み込みやすい構成になっています。

 

SEOに強い文章の書き方は検索意図を理解する

検索意図の画像

SEOに強い文章の書き方はユーザーの検索意図を理解して、先回りしてあげることです。

 

具体例をつかって説明するとわかりやすいですね。

 

例えば、先ほど記述した『沖縄 気温 10月』というキーワードで検索してきたユーザーのことをイメージしてみてください。

 

このユーザーが知りたいのは沖縄に10月に行くけど、その人が本当に知りたいのは、

 

『半袖でも大丈夫か長袖が必要か』

 

といった洋服選びの情報ですね。

 

『沖縄 気温 10月』と検索した人の知りたいことを先回りして『答え』を明示してあげるということが検索意図を理解してコンテンツを作るということです。

 

検索意図を理解できていないコンテンツはSEO評価されない

検索意図を理解できていないコンテンツはSEO評価がされません。

 

例えば『沖縄 気温 10月』というキーワードを検索してきたユーザーに対して、『沖縄の10月の気温は27℃』といった情報は、正しいのですが、これだけで終わってしまっては検索意図を理解できているとは言えません。

 

検索したユーザーの知りたいことを先回りした情報が網羅されている方がGoogleは評価してくれます。

 

検索意図とはその先の知りたい情報のこと

検索意図というのは、検索した人が知りたいと思う『その先の情報のこと』と言っても過言ではありません。

 

『沖縄 気温 10月』というキーワードを検索してきたユーザーに対して、その先の情報と言えば、

  • 沖縄の10月の気温
  • 10月に沖縄に行くときの服装のポイント
  • 沖縄なら10月でも海で遊べるか
  • 10月の沖縄でしか食べられないグルメ

といった情報だと思います。

 

これらの情報が読みやすくわかりやすい状態でコンテンツ化されていれば、SEOの評価はかなり高く、検索結果で上位表示されます。

 

検索意図に沿ったコンテンツの作成方法

コンテンツの作成方法の画像

キーワードを決める

検索意図を把握するには、キーワードを決めます。

 

このキーワード選びが重要です。1つの単語ではなく、2つや3つの単語を同時に入力するような複合キーワードを選びましょう。

 

複合キーワードを選ぶことによって、検索したい人が本当に知りたいことをコンテンツ化することが容易にできます。

 

検索入力した人になりきってイメージする

検索意図を理解するためには、検索したユーザーの気持ちになりきることが重要です。

 

くどいようですみませんが、この検索した人をイメージすることは本当に重要です。

 

検索した人の気持ちが理解できなければ、検索意図を理解できないわけですから、SEO評価が高いコンテンツは作成できません。

 

まとめ:SEOに強い文章の書き方とは【検索意図に沿ったコンテンツが大事】

SEOに強い文章の書き方のまとめの画像

今回は、SEOに強い文章の書き方とSEOに強い文章の書き方は検索意図を理解するということを解説しました。

 

SEOに強い文章でもっとも重要なことは、キーワードに対しての『答え』 がしっかりと明示されていることが大前提です。

 

その答え(結論)がわかりやすいように理由と根拠を解説し、さらに具体例や体験談などを追記することによって、SEOに強い文書になります。

 

検索意図を理解したコンテンツというのは、気が利く人の情報と言えます。

 

ぜひ検索意図を理解したコンテンツを書けるようになりましょう。

 

とにかくブログ記事を書きまくっていれば、検索意図を理解したコンテンツが書けるスキルは身についてきます。