30代からのキレイを磨く女性のブログです

SEOライティングは通常の記事の書き方と何が違うの?【初心者向け】




men
SEOライティングが気になる人「SEOライティングは通常の記事の書き方と何が違うの?検索エンジンで上位表示できる記事ライティングのコツってあるの?」

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • SEOライティングは通常の記事の書き方と何が違うの?
  • SEOライティングではユーザーファーストを意識する
  • SEOライティングの重要なポイント!【本当に求められていること】

 

について解説します。

 

本記事では、SEOライティングでアップデート後も上位表示される記事を書きたいあなたに、SEOライティングで意識するべきポイントと、さらにライティング完了後のチェックポイントについて解説しています。

 

この記事を読めばSEOライティングの基本的な技術を網羅的にマスターできますよ。

 

それでは、下記の順番で進めていきます。

 

  1. SEOライティングは通常の記事の書き方と何が違うの?
  2. SEOライティングではユーザーファーストを意識する
  3. SEOライティングの重要なポイント!【本当に求められていること】

 

SEOライティングは通常の記事の書き方と何が違うの?

結論から言うと、通常のライティングでは、ユーザー・読み手に意味がわかりやすい文章を書くことが大事だとされていますが、SEOライティングとは、検索エンジンに評価されることを目的としたライティング方法です。

 

SEOライティングで大事だと言われているのは、以下の2点になります。

  • ユーザー・読み手が求めている文章であること
  • Googleの検索エンジン(クローラー)にもわかりやすい文章であること

 

このように、読み手に加え、Googleの検索エンジンにも伝わるように文章を作成するのがSEOライティングです。

 

では、読み手が求める、かつGoogleにもわかりやすい文章はどのように書くけばいいのでしょうか。

 

SEOライティング次第で記事の順位は変化するので、上位表示する記事を書きたい方は、基本ポイントをしっかり押さえておきましょう。

 

ユーザーと検索エンジンにわかりやすい文章を意識する

SEOライティングで最も重要になるのは、ユーザーファーストの考え方です。

 

なぜなら、Googleの「Googleが掲げる10の事実」にもある通り、理念の1番目には、ユーザーファーストの考え方を重要視している旨が、記述されているからです。

 

SEOと言えば、検索エンジンのアルゴリズムに対策を取ることのように思われがちですが、検索エンジンの中でも高いシェアをもつGoogleが「ユーザーファースト」を掲げている以上、SEOライティングに最も重要なのは、ユーザーの満足度が高いコンテンツにすることだと言えます。

 

常にユーザーにとって有益であり、価値の高いサービスを提供し続けることがGoogleのビジネスモデルなのです。

 

SEOライティングではユーザーファーストを意識する

ユーザーファーストを理解していないと、評価される記事を作れないので、1番重要な考え方として理解しておきましょう。

 

ユーザーのニーズを満たすと同時に、Googleがそのコンテンツを検知・評価しやすい文章になっているかも確認しましょう。 検索エンジンにわかりやすい構造を作るには、「内部対策」と呼ばれる対策が有効です。

 

SEOは大きく分類して、外部対策・内部対策の2つに分けることができます。外部対策は自サイト外で行うSEOで、被リンク数を増やすやめの施策などがあてはまります。

 

一方の内部対策はその名のとおり自サイト内で行うSEOです。

具体的には、

  • サイトマップを作成する
  • パン屑リストを作成する
  • サイト構造を最適化する
  • タグを最適化する

 

といった施策が内部対策に含まれます。

 

なぜ内部対策が必要かというと、内部対策はGoogleにコンテンツ内容を適切に伝えるために必要なのです。

 

SEOライティングの重要なポイント!【求められていること】

キーワードに沿った文章を書く

キーワードを設定したら、そのキーワードの内容に沿った文章を書いていきます。

 

本文にキーワードを盛り込むのはもちろん、タイトルの前半にキーワードを入れたり、文章の最初や最後の目に付きやすい場所にキーワードを盛り込むのも、上位表示のコツとなります。

 

内容をしっかりと絞り、ユーザーの検索意図を解決できるコンテンツを作成するようにしましょう。

 

ユーザーが検索したキーワードに沿ったタイトルと見出しを作成すれば、その記事はSEOキーワードとの関連性が高い内容になります。

 

キーワードを意図的に多用することは検索エンジンにとって逆評価になりますが、キーワードにタイトルと見出しを含めることによって、コンテンツが自然とキーワードに関連します。

 

SEOキーワードとの関連性が高い記事はページに統一性が生まれるので、ユーザーや検索エンジンの評価も高まります。

 

独自性のある文章を書く

Googleで上位表示を目指す場合、独自性のある文章を作成することが大切です。Googleはコンテンツにオリジナリティ(独自性)があるかどうかを評価しています。

 

競合コンテンツと同じ内容を載せてしまうと、コピーコンテンツと判断され、ペナルティの対象になるので、注意が必要です。

 

自分の視点や体験談など他の記事にはない独自の内容を適切に盛り込むことによって、その記事にしかないオリジナルティが加わることになりユーザーの満足にも繋がります。

 

専門性のある文章を書く

独自性と同時に、専門性を高めることもSEOライティングでは重要です。これは、GoogleがWebページの評価方法を解説している「検索品質評価ガイドライン」で明確に言及されています。

 

中でも、「E-A-T」と呼ばれる基準は、SEOにおける重要な項目について説明されています。E-A-Tとは、専門性(Experience)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trustworthiness)のそれぞれの頭文字を取った造語です。

 

一般的には、専門性が最も重視されていると言われていて、これを高めるためには1つのテーマについて多くの情報を発信するのが有効です。

 

なぜなら、違う分野のキーワードのコンテンツを作るよりも、専門的な分野に集中して作ったほうが、専門性の高いコンテンツと判断されやすくなるということです。

 

網羅性を高める

サイト内に同一ジャンルの記事が多ければ多いほど、検索順位が上がりやすくなります。

 

なぜなら、1記事単位だけではなく、サイト全体でのジャンルに対する情報量がgoogleの評価に関連するからです。

 

ただし、質の良い記事でなければ意味はありません。

SEOライティング12のコツ

検索上位に繋がりやすくなるSEOライティングのコツを、より重要なものから順番に紹介します。

  • タイトル
  • 導入文
  • 見出し
  • 本文
  • URL
  • 画像

 

 

①タイトル

記事を書く際、タイトルにキーワードを必ず加えるようにしましょう。このとき、キーワードはできるだけタイトルの左側に入れるようにしましょう。

 

なぜなら、先頭に入れることによって、クリック率を高める効果があります。クリック率が高まると、流入ユーザーが増え、結果的に検索順位向上に繋がるからです。

 

また、タイトルは短い方がSEOライティングにおいては効果的です。検索結果画面で表示される文字数である、28~30文字程度を目安にしましょう。

 

②導入文やディスクリプションにもキーワードを入れる

導入文は、記事の導入部分にくる文章で、ユーザーが最初に読む文章です。この文にもキーワードを入れるようにしましょう。

 

なぜなら、ユーザーは導入文を読んで、その後の本文を読むかどうかを判断するので、記事全体の要旨を分かるような内容にしましょう。

 

また、タイトル同様、ディスクリプションにもキーワードを含めるようにしましょう。

 

SEOにおいて重要なタイトルやディスクリプションには必ずキーワードを含め、Googleの検索エンジンにコンテンツの内容がわかるようにしましょう。

 

なぜなら、キーワードがタイトルやディスクリプションに含まれていると、ユーザーにとってもコンテンツの内容がわかりやすくなるため、クリック率の上昇も期待できるからです。

 

③見出しのつけ方

タイトルと関連した見出しになることと、最初の見出しに記事の結論を述べるのは極めて大切なことです。

 

なぜなら、ユーザーは最初の見出しでコンテンツを読み続けるかどうかを判断するからです。すなわち、ユーザーは見出しだけしか読まないことがほとんどなのです。

 

hタグ(見出しタグ)は、Googleにわかりやすいように正しい順番で使いましょう。hタグの順番を間違えてしまうと、記事の構成がおかしくなってしまうので、Googleからの評価が低くなる可能性が高いです。 

  1. 大見出し(h1)
  2. 中見出し(h2)
  3. 小見出し(h3)

 

④代名詞を使わない

代名詞を多用しないこと。なぜなら、Googleの検索エンジンは、代名詞が何を指しているのかを人間のように正確に理解できないためです。

 

そのため、「この」「その」などの代名詞は、なるべく名詞に置き換え、Googleの検索エンジンに何を指しているのかがわかるようにしましょう。

 

⑤余計なことは一切書かない

余計な文章、文言を一切書かないようにしましょう。2018年以降のGoogleアルゴリズムにおいて、無駄な情報がページ内にあればあるほど検索エンジンからの評価が下がる傾向にあります。

 

「検索エンジンユーザーは、すでに何を知っており、何を知りたくないのか」を把握した上で記事を作成するようにしましょう。

 

例えば、次の章に入る際、「ここからは〇〇を説明します」というような文言は必要ありません。なぜなら、ユーザーは本文を一言一句読んでおらず、先に見出しを認識する傾向にあります。

 

⑥共起語を使う

共起語とは、あるキーワードと一緒に使われることが多い言葉のことで、クローラーはキーワードの羅列した記事を弾くために共起語がページ内に存在しているかどうかを確認しています。

 

共起語を使ってライティングすることで、ユーザーの検索意図に近い記事コンテンツだとGoogleの検索エンジンが判断します。共起語が検索できるツールなどもあるので、ライティングをする際は不自然にならない程度で積極的に使っていきましょう。

 

⑦画像(altタグ)を最適化する

 

altタグは、その画像が何を示すのかを検索エンジンに伝える代替テキストのこと。Googleの検索エンジンは画像が何を指しているのかまではわかりません。

 

しかし、altタグを設定することで、どのような画像かをGoogleに正しく認識してもらうことができます。また、画像検索の結果にも表示されやすくなるため、画像検索からの流入も見込めて一石二鳥です。

 

⑧マークアップを使う

SEOライティングでは、正しくHTMLを使うことも重要な要素です。コンテンツの内容を正しくGoogleの検索エンジンに伝えるためにも、以下の基本的なタグは、適切に使えるようにしましょう。

 

  • hタグ

必ず<h1>、<h2>、<h3>の順で使いましょう。デザインのために、h2の次にh4を置いたりするといったことは避けるべきです。

 

  • 箇条書き<ol><ul>

改行ではなく、<ol>、<ul>タグで、箇条書きであることを検索エンジンに伝えましょう。

 

  • 引用<blockquote>

<blockquote>を使って他サイトや参考資料などから引用した箇所をGoogleに示しましょう。

 

  • 表<table>

表を作成する際は<table>タグを使いましょう。SEOのトレンドでもある強調(フィーチャード)スニペットにも現れやすくなります。

 

  • 画像<alt>

先述しましたが、画像には<alt>タグを使って、画像が何を指すのかを検索エンジンに明記しましょう。

 

⑨パーマリンクにSEOキーワードを入れる

 

  • SEOキーワードを英語表記にする
  • 単語と単語の間は -(ハイフン)で区切る
  • できるだけ短くする

 

⑩読みやすいレイアウトにする

 

  • 太字や背景色を使いすぎない
  • 下線を使用しない(※ユーザーがテキストリンクと勘違いするため)
  • 見出しタグを適切に設定する
  • 理解を促す画像の設置

 

読みにくさは読者の離脱率増加に影響しますので、常に読みやすいレイアウトを意識するようにしましょう。

 

⑪例え話より事例を紹介する

SEOライティングを行う際は、例え話を避けて具体性のある事例を伝えるようにしましょう。

 

例え話は内容に関連しないキーワードが記事内で多数用いられるので、クローラーがページを巡回したときに、「何の情報が書かれているコンテンツか」を判別しにくくなってしまいます。

 

SEOキーワードに全く関連しない例え話を説明のために記述する場合は引用タグ内に例え話を記述しましょう。

 

⑫情報の信頼性を損なう可能性がある表現は避ける

SEOライティングを行う場合、「思います」「でしょう」といった情報の信頼性を損なう可能性がある表現はできるだけ避けましょう。基本的には「です」「だ」など断定を使ってください。

SEOライティングを勉強できる本・書籍

最後に、もっとSEOライティングについて勉強したいという方に向けて、数多くあるSEOライティングの本の中から当サイトが選りすぐった2冊をご紹介します。

 

沈黙のWebライティング: Webマーケッターボーンの激闘


 

この本はストーリー仕立てになっているので、漫画を読んでいる感覚でSEOライティングに関して勉強できます。

 

最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座


 

タイトルに「これからの」とあるように、この本では今まで唱えられてきたSEOライティングを否定するところから始め、これから必要とされるSEOライティングの技術をGoogleの技術的な論点から解説しています。

 

本格的にWEBマーケティングをする方にも、ライターとして活躍する方にもおすすめとなっているので、是非ご覧ください。

 

まとめ:SEOライティングは通常の記事の書き方と何が違うの?【初心者向け】

ここまでSEOライティングに関して解説してきました。SEOライティングはユーザーの求める内容、かつGoogleにも読みやすい文章を書くライティング手法であるということです。