30代からのキレイを磨く女性のブログです

コンテンツの質を高める検索意図とは?質の高いコンテンツとは【SEO対策】




女子

SEOでコンテンツの質が気になる人「コンテンツの質を高めるには検索意図が大切だというけれど、それってどう調べたらいいの?検索意図に沿ったブログ記事の書き方が分からない?高く評価されるコンテンツがどういったものか教えて欲しい」

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事では、ブログ記事を書いたけれど、全くアクセスもなく検索結果にも上位表示されないというあなたに、コンテンツの質を高める検索意図や記事の書き方を解説します。

 

この記事を読めば高く評価されるコンテンツがどういったものか、また、高く評価されるコンテンツはどのようにつくるのかがわかりますよ。

 

本記事の内容

  • コンテンツの質を高める検索意図とは?
  • コンテンツの質はどうやって判断するの?
  • コンテンツSEOを意識したブログ記事の書き方

 

について解説します。

 

本記事では、今回はSEO対策で重要視されている質の高いコンテンツの基準についてお伝えします。

 

それでは、下記の順番で進めていきます。

 

  1. コンテンツの質を高める検索意図とは?
  2. コンテンツの質はどうやって判断するの?
  3. コンテンツSEOを意識したブログ記事の書き方

 

 

コンテンツの質を高める検索意図とは?

SEOにおける検索意図とは何のことでしょうか?

 

それは、言葉の通りに「ユーザーが検索行動をする際の意図」のことです。

 

たとえば「エステ 大阪 人気」で検索したときは「大阪で、人気のあるエステに行きたいなぁ」と考えているはずです。

 

このように、意図をもって検索していると思います。SEOにおいては検索した人の意図をくみ取ることが非常に重要なのです。

 

なぜ検索意図が重要なのか

なぜSEO対策において検索意図を考える必要があるのか、というとそれはGoogleのこの言葉にすべて詰まっています。

 

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

 

つまり、ユーザーの使いやすさを追求することこそがSEOの王道であり、それを調べた上でSEO対策するか否かにで成果に大きな違いが出てくるのです。

 

検索意図の分類は4つ

検索意図は下記のような4パターンに分類されます。

 

  1. KNOWクエリ(知りたい)検索したキーワードについて知りたい【例】「パクチー」
  2. GOクエリ(行きたい)検索したキーワードの場所に行きたい【例】「エステ」
  3. DOクエリ(やりたい)検索したキーワードのコツを知り、実際にやりたい【例】「ナポリタン」
  4. BUYクエリ(買いたい)検索したキーワードの商品を購入したい【例】「水」

 

 

順番に説明します。

 

KNOWクエリ(知りたい)

まずはKNOWクエリ「パクチー」です。

検索画面

 

ご覧の通りにパクチーとはなにか?どういった効能があるのかなど、パクチーそれ自体に対する情報が多いことがわかります。

 

それは、「パクチーとはなにか知りたい!」というユーザーのニーズにGoogleが解答している形になっているからですね!

 

GOクエリ(行きたい)

次にGOクエリ「エステ」です。

検索画面

ご覧の通りに近くのエステサロンがたくさん出てきますね。

 

これは「近くのエステサロンに行きたい!」というユーザーのニーズに対してGoogleが解答している形になっています。

 

DOクエリ(やりたい)

次にDOクエリ「ナポリタン」です。

検索画面

 

ご覧の通りにナポリタンの作り方についての記事がたくさん出てきますね。

 

これは、「ナポリタンを作りたい!」というユーザーのニーズに対してGoogleが解答している形になっています。 

 

BUYクエリ(買いたい)

次にBUYクエリ「水」です。

検索画面

ご覧の通りに通販サイトなどが多く出てきますね。

 

これは「水を買いたい!」というユーザーのニーズに対してGoogleが解答する形になっています。

 

検索意図に答えるためには?

まず最初にターゲットとしているキーワードで検索をしてみましょう。

 

そこには現在Googleの考える「ユーザーにとって有益なサイト」が上位に表示されているはずです。

 

そしてその上位サイトから下記のポイントをチェックしてください。

 

  • 上位表示されているサイトの種類は何か(4つの検索クエリの内のどれか)
  • 上位表示されているサイトの共通点は何か(共通して記載されている情報は何か)

 

このポイントこそが「ユーザーが求めている情報」なのです。

 

自分のサイトにその要素が含まれていなければ、その要素を踏襲しつつ、競合サイトよりもユーザーにとってより有益な情報を追加することで、その検索クエリにおける上位表示確率はあがると思います。

 

ユーザーを満たすコンテンツについてはSEO対策】どうすれば検索結果の上位に表示されるの?【初心者向け】で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

 

 

 

コンテンツの質はどうやって判断するの?

どうやってコンテンツの質を判断すれば良いでしょうか?SEO対策の観点から言えば、「上位表示されているかどうか」がコンテンツの質の判断基準の1つです。

 

また、コンテンツの滞在時間も判断基準の1つになります。

 

日本人成人の平均的な読書スピード=分速500字~600字程度と言われていますので、2500文字のコンテンツなら4~5分ほど見られていたら全てくまなく読まれた良いコンテンツ、という判断で間違いないと思います。

 

ただ、スマートフォンの場合は流し読みが多いので、実際はそこまで長くならないかもしれません。

 

あくまで指標ということで

  • 上位表示コンテンツはある程度質がいいと言える
  • 滞在時間が長いコンテンツはいいコンテンツである

 

と覚えておきましょう。

 

コンテンツSEOを意識したブログ記事の書き方

ペルソナ設計はできているか

ペルソナ設定とは、端的にいえば架空の顧客像を設定することです。

 

つまり、一人の架空の人物を想定し、そのプロフィールを、行動や価値観、ライフスタイルなど、かなり詳細に設定していきます。

 

ターゲットとなるユーザーを詳細に人物像として設定してしまうことで、その人の境遇や状況、心境などを具体的にイメージすることができ、その売り方や商品の開発に工夫を凝らすことが可能になります。

 

ユーザーの検索意図に沿った記事を書く

検索意図を捉え損ねると、的外れなコンテンツを作ってしまいかねません。 検索した人がどういった情報を求めているのか実際に検索して上位表示されているサイトから情報を集めてみましょう。

 

そしてその検索意図を満たすことができるような情報を、提供できるようなコンテンツを作っていきます。

 

検索時の意図と異なるコンテンツを発信したとしても、ユーザーが求めるものではないので検索結果に表示されていたとしてもそのコンテンツが見られることは少ないと思います。

 

内容が充実したブログ記事の書き方

もしあなたが何かの情報を知りたくて検索してヒットした記事を見たときに、明らかに情報が少ないものだったらどうしますか。

 

多くの人はすぐにそのサイトから離脱して違う記事を探すことでしょう。

 

Googleはコンテンツを評価するときの指標として滞在時間を重要視しています。

 

そのため内容が充実したコンテンツにすることはページに訪問したユーザーを逃さないために重要です。ユーザーを満足させることを意識してコンテンツ作成をしてみましょう。

 

導入文でユーザーの心を掴む

ユーザーはコンテンツの導入文をみただけで、そのコンテンツ全体の印象を決めつけてしまう傾向にあると言われています。

 

つまり、ほぼ内容の核心に至っていない最初の部分でユーザーはこの記事が自分自身にとって有益か否か、面白いか否かを決めてしまうということです。

 

この導入文をおろそかにせずユーザーの共感を得られるような記事の書き出しにすることがマストといえるでしょう。

 

読みやすい文章構成

文章の組み立てには、基本的に文章構成というフレームワークに当て込みます。この文章構成を用いることによって、必要情報を整理して記事を読みやすくすることができます。

 

以下は、文章構成に用いられる基本型です。

  1. 三段構成:序論→本論→結論
  2. 四段構成:起→承→転→結
  3. 頭括式 :結論→説明、事実、具体例
  4. 尾括式 :説明、事実、具体例→結論
  5. 双括式 :結論→説明、事実、具体例→結論

 

ちなみに、LPやアフィリエイト記事の場合、ファーストビューでのひきつけ、結論の落とし込みができる「双括式」がおすすめです。

 

結論を先に言ってしまう方が、ユーザーはスッキリします。まだか、まだかと結論を後回しにするのはユーザーは苛立つだけで、メリットはありません。

 

ベネフィットを加える

文章の組み立てをしたあとは、訴求です。商品やサービスを紹介するときに特徴メリットをメインに紹介することが多いです。

 

特徴やメリットを伝えることにより、訴求商品のイメージを伝えることは可能です。しかし、ユーザーに行動をしてもらうためには、より具体的な魅力や潜在的に求めていることへのアプローチが効果的です。

 

この商品を購入すればどうなるか、ユーザーが商品から得られるメリットを想像してもらうことです

 

タイトルを適切につける

コンテンツのタイトルはユーザーにとって読むか読まないかの判断1つの指標になると同時に、検索エンジン側にとっても、コンテンツの中身を判断するための大切な基準の1つです。単にキャッチーなタイトルをつければいいというだけでは効果がありません。

  • キーワードを入れる
  • 読者の疑問に答える
  • タイトルで煽らない
  • 32文字以内に収める

 

上記のとおり、これらのポイントを抑えておけば、全くもって、問題なしだと思います。

 

検索エンジンがインターネット上のコンテンツをクロールするとき、まず最初に認識するのがタイトル部分です。タイトルにキーワードが多く含まれていると、検索エンジンはコンテンツ内容とキーワードの関連性が高いと判断し、検索結果の上位に表示される可能性は高くなります。

 

ディスクリプションを設定しよう

タイトルはしっかり考え込んで書いてみたけど、ディスクリプションはおろそかにしていませんか。

ディスクリプションとは赤枠の部分を指します。タイトルよりは目立たないですが、ユーザーが、記事内容が自身にとって必要かどうかを知るためにみる判断材料です。

 

現在はGoogleの判断材料にはそこまで大きく関わらないとは言われていますが、ユーザーにとってはかなり考慮される部分なのでしっかりと記述しましょう。

 

キーワードを2から3ほど盛り込んでユーザーが読みたいと思えるような内容で書いてみましょう。

 

リライトを続ける

リライトとは、「すでにリリースされたコンテンツの改善」を意味します。

 

上位表示しなかったコンテンツを確認して「どこが足りなかったのか」「上位サイトとの差は何か」を考えてコンテンツを書き直します。

 

ただ、あくまで文字を足すとか共起語を追加するという安易な考えではなく、ユーザーにとって何が足りないのか?をしっかりと考えてリライトをするようにしましょう。

 

リライトをする際にはここまでで説明してきた観点をコンテンツが満たしているのかをチェックして、足りない部分を補っていくことで上位表示を目指します

 

まとめ:コンテンツの質を高める検索意図とは?質の高いコンテンツとは【SEO対策】

いかがだったでしょうか?今回は検索意図や、コンテンツの質などについて解説しました。

 

検索意図に沿って記事を書くということが大事だということですね。

 

また、検索意図を考慮せずに、SEO対策をしても中々成果が上がらないことはなんとなくご理解頂けたかと思います。

 

SEO対策をする本当の目的は人に見て欲しいということですよね。その見てもらいたい相手に対してどれだけ素晴らしいものが提供できるかどうかがコンテンツの質なんだと思います。