30代からのキレイを磨く女性のブログです

炭水化物ダイエットは抜け毛が増えるの?抜け毛を増やさない方法は?




女子

ダイエット中に抜け毛が気になる人「炭水化物減らすダイエットをしていると抜け毛が増えるの?ダイエットを続けても抜け毛を増やさない方法はあるの?」

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事では、炭水化物ダイエット中抜け毛が気になるあなたに、炭水化物ダイエットをしていても抜け毛にならない正しい方法方を紹介します。

 

この記事を読めば、炭水化物ダイエット中でも、抜け毛にならないで継続できることが分かりますよ。また、正しい炭水化物ダイエットとはどういうものかがよく分かるようになりますよ。

 

本記事の内容

  • 炭水化物ダイエットは抜け毛が増える?
  • 炭水化物ダイエットの正しい方法とは?

 

について解説します。

 

この記事を書いている私は、炭水化物を減らすダイエットを実施して、5ヶ月で-10㎏になりました。1ヶ月に-2㎏の割で痩せています。

 

CM等でよく見かける1ヶ月で十数㎏痩せたというキャッチフレーズには到底及びませんが、急激に痩せたわけではなく徐々に痩せていってるので、身体に負担なく健康診断も良好です。目標は48㎏を目指している途中です。

 

それでは、下記の順番で進めていきます。

  1. 炭水化物ダイエットは抜け毛が増える?
  2. 炭水化物ダイエットの正しい方法とは?

 

炭水化物ダイエットは抜け毛が増える?

炭水化物(糖質制限)ダイエットをして本当に抜け毛が増えたとか、薄毛やハゲになったという意見があるのか調べてみました。

 

ヤフー知恵袋で下記のような記事を見つけました。

去年の12月から食事制限(炭水化物抜き)と運動でダイエットを初めて先月で体重を103キロから74キロまでおとしました。抜け毛がひどくなりダイエット前よりかなり薄毛になりました。(後略)

(引用元:Yahoo!知恵袋)

 

https://twitter.com/tonn0831/status/1088655035733430272

糖質制限、自分はやり過ぎてハゲましたwwwその後ダイエットやめてモリモリ食べたら髪生えてきたから大丈夫だった。糖質制限はやり過ぎるとこんな感じ影響出る

ペットボトルでお茶2本飲んだら1本飲みたい物って感じが1番いい感じでした。

自分は人体実験してたので皆は無理にやらない方がいい。

これだけを見ると、炭水化物ダイエットでハゲるというのは本当の話なんですね。

https://twitter.com/wadanuki00/status/1038489640796282880

受診して栄養相談して、糖質減らして無理にでもたんぱく質たっぷり摂るようになったら、数年前から顕著だった抜け毛がかなり減ってきた…

もともと重度貧血だったからばかすか毛髪が抜けてたんだけど、毛量が多かったから薄毛にはならなくて済んだんだよね…

このように糖質制限で抜け毛が減ったという話もあります。

 

私は炭水化物ダイエットをして5か月間で10㎏減りましたが、抜け毛が増えたとか、薄毛になったとかは全くありません。

 

炭水化物が頭皮や髪の毛に与える影響

炭水化物(糖質制限)ダイエットをして抜け毛が増えたという意見がありましたが、炭水化物と頭皮や髪の毛とはどんな関係があり、炭水化物が頭皮や髪の毛にどんな影響を与えるのでしょうか?炭水化物が頭皮や髪の毛に与える影響について調査しましたので、解説していきます。

 

炭水化物不足による髪の毛への影響

髪の毛はケラチンというタンパク質でできていて、髪の90%以上はタンパク質で構成されています。

 

髪だけでなく筋肉、皮膚、爪、臓器、神経など様々な組織はタンパク質をもとにしています。

 

体を正常に動かすためのエネルギー源としての炭水化物を制限してしまうことで、栄養が全身に行き渡らず辛くなったり、エネルギー不足で活力が出なくなるといったトラブルが起こります。

 

すると、髪や肌に回すはずだったエネルギーを脳や心臓など、身体維持に必要な部分に回すことになります。

 

また、炭水化物が不足していることによる「憂鬱感」や「ストレス」が抜け毛や肌荒れに繋がることもあります。

 

生命維持のためには髪の毛よりも、これら筋肉などに優先的にたんぱく質を使う必要があります。その結果として、本来髪になるはずだったタンパク質が他の体内で使用されてしまい、育毛が十分にできなくなり薄毛になってしまうのです。

 

炭水化物過剰による髪の毛の影響

糖質を減らしすぎることも問題ですが、糖質の過剰摂取にも害があります。糖質を過剰摂取すると、終末糖化産物(AGE)が作られやすくなり、健康な髪が生えにくくなります。AGEとはたんぱく質の糖化反応によってできる物質です。

 

このAGE(終末糖化産物)は身体の血管を老化させる為、血流不足を引き起こし髪に良くないとされてきました。AGEは肌に蓄積するとたるみやシワの原因になり、血液に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞になり、骨に蓄積すると骨粗しょう症になり、全身の美容や健康に悪影響を及ぼすと考えられています。

 

頭皮にAGEが蓄積した場合、健康な髪が生えにくい状態になります。

 

なぜなら、頭皮のハリや弾力はコラーゲンや弾性繊維といったタンパク質でできていますが、これらのタンパク質が劣化すると本来の機能が低下し、ハリや弾力がない不健康な頭皮になるので、健康な髪が生えにくくなります。

 

AGEには血管を老化させる作用があり、血管が老化すると、血流が悪くなり血行不良を引き起こします。

 

血行が悪くなると、毛根に栄養が十分に届かなくなり、栄養不足になって抜け毛や薄毛、ハゲになるリスクが高まる恐れがあります。

 

糖質を減らして抜け毛が減ってきたという人は、AGEによる血行不良が改善した可能性が考えられます。

 

ダイエットしながら髪を健康に保つためには

炭水化物は不足しても過剰になっても、頭皮や髪の毛に悪影響を与え、抜け毛や薄毛・ハゲになる可能性が高くなることがわかりました。

 

炭水化物(糖質制限)ダイエットで頭皮や髪の毛だけでなく、何か体に不調があるのは、間違ったやり方をしているからなのです。

 

大豆などの植物性タンパク質を積極的に摂ることで、髪や肌に必要な「必須アミノ酸」を補給るようにしましょう。豆腐や納豆、豆乳などから摂る事が出来ます。

 

また、牛乳を飲むことで、髪の毛や肌を作り出す力を促進するビタミンB2を補給出来ます。身体を冷やさないためには、常温や温めて飲むのがお勧めです。

 

血行を良くしてくれるビタミンEなどを含むアーモンドなども有効です。特に良いのは亜鉛、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど。食事で摂り切れない栄養素はサプリメントで補うようにしたいですね。

 

炭水化物ダイエットの正しい方法とは?

結論:適切な炭水化物の量を把握し、その範囲内に制限するのがポイントです。

 

正しい炭水化物ダイエットは、ご飯やパンなど糖質の多い食品を抜いた分だけ、ほかのおかずを多く食べて、カロリーを補わなければなりません。

 

この「タンパク質と脂質を増やす」ということが大事です。なぜなら、カロリー不足を起こして、抜け毛や薄毛・ハゲを引き起こす可能性があるからです。

 

1日の炭水化物の摂取目安

1日に必要な炭水化物50%~65%です。 炭水化物には糖質と食物繊維がありますが、食物繊維はエネルギー量が微量なので炭水化物=糖質となります。

 

デスクワークを中心にしている男女の炭水化物(糖質)の必要摂取量を調べてみました。

 

■成人女性の一日に必要なエネルギー量:1800kcal。

 

1800kcal×0.6=1080kcal。(1日に必要な炭水化物60%として計算)

 

1080÷4=270g(炭水化物1g=4kcal)となります。

 

270gが女性の1日に必要な炭水化物のエネルギー量です。

 

■成人男性の一日に必要なエネルギー量:2200kcal。

 

2200kcal×0.6=1320kcal。

 

1380÷4=330g(炭水化物1g=4kcal)

 

男性の場合は330gが1日に必要な炭水化物のエネルギー量となります。

 

画像引用:ロカボ公式サイトより

炭水化物を制限するなら過度に制限するのではなく、適正量を知ってコントロールすることが大事です。炭水化物の摂取量を減らすダイエット方法については炭水化物の摂取量を減らすダイエットは効果がある?【効果あり経済的】で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

 

 

炭水化物ダイエットを行なう際は、卵を積極的に摂取しましょう。卵は糖質が少なく、タンパク質、ビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄、亜鉛など髪の成長に必要な栄養を豊富に含んでいます。腹持ちも良いので、ダイエットにも向いている食材です。

 

ダイエット効果が高いと話題になっている糖質制限ですが、適切な量の糖質をしっかり摂取する、正しい方法で実践しましょう。

 

まとめ:炭水化物ダイエットは抜け毛が増えるの?抜け毛を増やさない方法は?

 

今回は炭水化物(糖質制限)ダイエットをすると抜け毛が増えるのか?」について、調査・解説しました。

炭水化物ダイエットをして抜け毛が増えたり、薄毛になったという人はいるそうですが、逆に抜け毛が減ったり、薄毛にならなかったという人もいるようです。

 

頭皮や髪の毛の健康のためには、炭水化物は取らな過ぎでも、取り過ぎでも、どちらでもいけない。適正量を取るのがいいようです。

 

極端な糖質抜きではなく適正な糖質を取るロカボが雑誌やテレビなどのメディアでも紹介されるようになり、注目を集めています。

 

また栄養バランスも考えて、無理のない範囲での炭水化物ダイエットを心掛けることが大切です。