30代からのキレイを磨く女性のブログです

メモリッチ効果?目の下の茶クマを簡単に改善!色素沈着は簡単に消せる!




目元の悩みはシワだけじゃないんです。クマというのも厄介なものがあります。クマが出来ているだけで年齢より老けて見えるし、人が見て疲れた印象を与えてしまいます。

しかし、色素沈着を改善するには皮膚を新しく生まれ変わらることで解決します。

今回は茶クマを改善する効果について検証したいと思います。

目の下に茶クマが出来るのはなぜ?

目の下の茶クマはメラニンが原因

メラニンはシミやそばかすの原因。刺激を受けることで発生します。

目の下は意外と紫外線がよく当たるところです。メイクやメイク落としによる刺激、こすることで起きる摩擦もメラニンが生成される原因です。

目の周りをマッサージしている人も多いと思いますが、これも力を入れすぎると摩擦になるので力を入れず優しくすることが重要です。

メラニンは、皮膚を守るために生まれているので刺激があると守ろうとして発生するのです。

これらの要因によって刺激を受けメラニンが発生し、目の下に色素沈着をさせてしまいます。

目の下は特に皮膚が薄く刺激を受けやすい場所なので、大したことのない刺激でさえも目の下にメラニンが発生し色素沈着してしまうのです。

目の下は色素沈着しやすい

目の下の皮膚は薄いため多くの水分を保っておけないので色素沈着がひどくなってしまいます。

それに加え様々な要因が重なり色素沈着ができやすく、茶クマで悩んでいる人が多いのです。

茶クマのケアに美白化粧品や美容クリームで目元をマッサージする人も多いと思いますが、皮膚の厚い部分にも使える美白化粧品や美容クリームは、力を入れずにマッサージをしても皮膚の薄い目もとには刺激になってしまいます。

目元専用のアイクリームを使うことをオススメします。

アイクリームは、薄い皮膚に低刺激で使えるように開発されています。

茶クマを改善するポイントはターンオーバー

茶クマを改善する方法はターンオーバーを正常にすることです。

ターンオーバーは皮膚の生まれ変わるサイクルの事で、皮膚の生まれ変わるサイクルは約28日と言われています。しかし、それは20代前半の周期です。

年齢x1.5倍が本当の周期です。

加齢や生活習慣によりこのターンオーバーのサイクルは乱れてしまいます。

個人差もありますが、例えば40代だと、60日~80日がターンオーバーの目安となります。

ターンオーバーが乱れる原因としては

  • 喫煙
  • ストレス
  • 紫外線
  • 便秘
  • 皮膚への刺激

なども挙げられます。

多くの人は、ターンオーバーが乱れているから、茶クマが治らないのです。

\茶クマにとことんアプローチ/

>>>茶クマを改善できるメモリッチを試す

目の下の茶クマを改善する方法

ビタミンC誘導体が効果的

ターンオーバーを正常化させる方法としてはビタミンC誘導体が最も効果的です。

ビタミンC誘導体は普通のビタミンCより浸透力が高く、加齢で失われたハリ・潤い・弾力をコラーゲンとセラミドに働きかけることで肌が本来持っている保湿力を高める作用があります。

ですから、目の下の茶クマを治すにはビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使うことが最も効果的です。

アイキシルはメモリッチだけのハリや保湿を高める独自成分です。加齢など内側からくるダメージや、紫外線など外からのダメージに対する成分で茶クマの天敵であるターンオーバーの乱れをカバーし、たるんだ目の下を再生させ、弾力をアップ、たるみ(黒クマ)を解消。ます。

ビタミンEとビタミンK

目元を明るくクリアな目元へと導いてくれます。

メモリッチで茶クマを改善:まとめ

茶クマは日常生活の中で発生することも多いので最も気をつけないといけないのが肌への刺激です。

  • 紫外線
  • メイク・メイク落とし
  • マッサージ

など、肌への刺激には注意することが、ケアの第1歩です。

\7大特典付き・縛りもないし返金保証もあり♪/

>>>茶クマを改善できるメモリッチを試す