30代からのキレイを磨く女性のブログです

CodeCampを受講後フリーランスとして独立して稼げるか?【徹底調査】




men

フリーランスを目指している人「プログラミングを習得して、フリーランスになりたい。CodeCamp(コードキャンプ)を受講して、フリーランスになったら稼げるかな?どんなコースを選べばいいの?稼げるようになるための方法も教えて欲しい…」

 

こういった疑問に答えます。

 

フリーランスになりたいと思いCodeCamp(コードキャンプ)が気になっているあなた。

 

フリーランスになって独立して稼ぎたいと考えているのですね。

 

新しいことへの挑戦は非常に勇気がいりますよね。だけど、勇気のある選択、すばらしいことです。これからのあなたにとってとても有利です。

 

プログラミングのスキルを身につけておけば、副業として稼げるし、将来フリーランスエンジニアとして独立して稼げますよ。

 

でも、CodeCamp(コードキャンプ)を受講する前に、受講後フリーランスとして稼げるようになれるのかを知ってから受講したいですね。

 

そこで本記事では、フリーランスになりたいあなたにCodeCamp(コードキャンプ)に通ってフリーランスで稼げるようになるためにどのコースを受講するか、また、稼ぐための方法について解説していきます。

 

この記事を読めば、CodeCamp(コードキャンプ)の受講後にフリーランスで稼げるようになれるかがわかります。また稼ぐための方法もわかります。

 

この記事を書いている私は、独学でプログラミングを習得し、ホームページ制作とネットショップを得意としています。自店舗も複数運営してしています。

 

結論から言うと、CodeCamp(コードキャンプ)のデザインマスターコースを受講後、まずは副業で稼いでみてから、フリーランスになろう。

 

ということです。

 

それでは、以下の順番で進めていきます。

 

  1. CodeCamp(コードキャンプ)を受講後フリーランスとして独立して稼げるか?
  2. CodeCamp(コードキャンプ)でどのコースを選べばいいのか?
  3. CodeCamp(コードキャンプ)を受講後、稼げるようになるための方法は?

 

CodeCamp(コードキャンプ)を受講後フリーランスとして独立して稼げるか?

「CodeCamp(コードキャンプ)を卒業して、いきなりフリーランスになっても稼ぐのは難しいです。

 

なぜなら、CodeCamp(コードキャンプ)でいくらスキルを磨いても、実践での実績がないので案件を受注できなからです。

 

企業がフリーランスエンジニアと契約する際の基準は「実務経験」と「知識」の量になります。

 

あなたが仕事を発注する側ならば、下記の2人のどちらを選びますか?

  • ログラミングスクール上がりで、Webデザインの仕事の実績なし
  • プログラミングスクールには通っていないが、Webデザインの仕事の実績あり

当然、後者ですよね。

 

では、実績なしの人がどうすれば実績を積めるかというと、まずは、単価が安くてもいいから、たくさん受注して実績を積んでいくことです。実際、そんな案件しか受けられませんけれど、とにかく実践を積むことが先決です。

 

そうなると、自分だけなら食べていけたらいいでしょうが、家族や子供がいればそこそこの収入を見込みたいと思っても、家族の生活費を稼ぐだけで精一杯となってしまいます。

 

こうした現実がある以上は「CodeCamp(コードキャンプ)を受講後にすぐにフリーランスになる」のは、想像以上に稼げないし厳しいということです

 

それでは、どうやったらフリーランスで稼げるようになれるでしょうか?下記でお話します。

  • Webデザインの基礎(配色やレイアウトなど)
  • HTML/CSSの理解とコーディングのスキル
  • 写真加工・画像作成ツールによる素材の作成
  • スマホデザインの理解とレスポンシブデザイン対応

上記のようなスキルを身につけておく必要があります。

 

Webデザイナーの求人案件でも必ず「レスポンシブデザインでの構築」が必須条件となっています。

 

なぜなら、レスポンシブル対応とは、スマホの表示がPCで見たときと同じデザインではなく、スマホで見やすいようにデザインを切り替えているサイトなので、今や、Webサイトはスマホで見るのが当たり前になっています。

 

レスポンシブル対応は、Webデザインをやる上では、必須なスキルなのです。

 

Webサイトを様々な大きさの画面で綺麗に見せるための「レスポンシブデザイン」を学びながらも写真加工・画像作成ツールによる素材作成から、Webサイトのデザインやレイアウトを調整し、魅力的に表現するスキルを身に付けることが必要です。

 

CodeCamp(コードキャンプ)でどのコースを選べばいいか

CodeCamp(コードキャンプ)にはいくつかコースが存在しますが、フリーランスを目指すなら、デザインマスターコースを選びましょう。

CodeCamp(コードキャンプ)のデザインコースは、最低限稼げるスキルは身に付くコースになっていますよ。

 

CodeCamp(コードキャンプ)のデザインマスターコースがオススメな理由

理由①未経験者でも比較的稼ぎやすいスキルが身につく

理由②リモートワークがしやすいスキルだから

理由①:未経験者でも比較的稼ぎやすいスキルが身につく。

 

なぜなら、Webデザインに必要なhtml、CSSなどのプログラミング言語は、習得するのに、そこまで難しくないからです。

 

もちろんデザインに関しては、デザインセンスや経験が必要になりますが、プログラミングは「答えが決まっている」ので、誰でも勉強すればスキルは身につきます。

 

なので「フリーランスで稼げるようになりたい」と思っているのなら、「Webデザイナーとしてのスキル」を身につけましょう。

 

理由②:リモートワークがしやすいスキルだから

 

「フリーランスで稼ぎたい」のなら、リモートワークで働ける環境は条件としてベストですよね。

 

なぜなら、Webデザインの仕事は、わざわざ会社に行かなくても、好きな時間に自宅でも作業が出来る作業だからです。

 

例えば、Webデザインを考えるのに会社で行かなくてもできますし、htmlとcssで画面を作ることもPC1台あればどこでもできます。

 

Webデザインの仕事は、リモートワーク向きなので、最初にしっかり打ち合わせをしておけば、その後は自宅や好きな場所で作業ができるので、会社に出勤する必要がありません。

 

フリーランスになって、リモートワークで自由に働きたいと考えているなら、CodeCampのデザインマスターコースでスキルを身に付けましょう。

 

CodeCamp(コードキャンプ)のデザインマスターコースの内容

CodeCamp(コードキャンプ)のデザインマスターコースは、Webサイトのデザインやレイアウトの作成方法について、一通り学習できるコースです。

 

CodeCamp(コードキャンプ)のデザインマスターコースでは、下記スキルを身に付けることができます。

 

上記の通り、Webデザインで使用するツールや、プログラミング言語は一通り学ぶことができますよ。(画像が見にくくてすみません…)

大きい画像はCodeCampのデザインマスターコースの学習のカリキュラムで鮮明にご覧いただけます。

 

CodeCamp(コードキャンプ)のデザインマスターコースのカリキュラムの中で、実際に作成するWebサイトは「レスポンシブ対応のWebデザイン」がちゃんと含まれています。

 

繰り返しますが、Webサイトはスマホで見るのが当たり前になっているので、レスポンシブル対応は、Webデザインをやるうえでは、必須なスキルなんですよね。

 

CodeCamp(コードキャンプ)を受講後、稼げるようになるための方法は?

次のような方法が考えられます。順番に解説しますね。

 

  1. CodeCamp(コードキャンプ)のデザインマスターコースの課程をなるべく早く終わらせる
  2. CodeCamp(コードキャンプ)の現役エンジニアの講師に案件の取り方を教わる
  3. まずは副業で月5万を目指す
  4. 実績を積んでフリーランスになる

 

CodeCamp(コードキャンプ)のデザインマスターコースの課程をなるべく早く終わらせる

まずはCodeCamp(コードキャンプ)のデザインマスターコースを受講して、課程をなるべく早く終わらせましょう。

 

なぜなら、CodeCamp(コードキャンプ)の現役エンジニアの講師にフリーランスとして働くうえで必要なことを質問する時間を作るためです。

 

フリーランスになりたいなら、実際にフリーランスとして働いている人に、色々教えてもらうのが一番の近道ですよね。

 

CodeCamp(コードキャンプ)は現役エンジニアの講師とのマンツーマンレッスンの回数が限られているので、カリキュラムをさっさと終わらせて、マンツーマンレッスンの回数を残してフリーランスとして働くのに必要なことを聞く時間に充てればいいのです。

 

CodeCamp(コードキャンプ)の現役エンジニアの講師に案件の取り方を教わる

カリキュラムを終わらせてマンツーマンレッスンの回数を残したら、フリーランスの講師を選んで、フリーランスで案件を獲得する方法を教えてもらいましょう。

 

ここで教わるのは、未経験者がどうやって初回の案件を取るかという点です。

 

ここは大事なことです。

 

フリーランスの講師も初めから稼げたわけではないので、最初にどうやって1万円でも稼げたのか教えてもらうと良いですよ。

 

まずは副業で5万円稼ぎましょう

講師から教えてもらったら、実践しましょう。

 

先ずは副業で月5万円を目指して稼ぎましょう。

 

ランサーズ」「クラウドワークスなどのクラウドソーシングを利用するといいですね。

 

ランサーズやクラウドワークスは無料でアカウントが登録できるので、先に登録しておいて「どんな案件があるのか?」を見るだけでも、学習への意欲が出てきますよ。

 

クラウドソーシングには、ランディングページ(LP)の作成案件が大量にあります。

 

相場は5万〜10万ほどです。

 

まずは最初の1つの案件を取ることから始めましょう。

 

1つ目の案件を取るには相場よりも低い単価で交渉するしかないと思いますが、今フリーランスで活躍している人も、最初からうまくいったわけではありませんので心配しなくても大丈夫です。

 

最初は実績を積むことを目的に5万を目指し、強いて言えばフリーランスを目指してがんばりましょう。

ランサーズはこちら。

クラウドワークスはこちら。

 

実績を積んでフリーランスになる

副業でクラウドソーシングを利用して、実績がある程度アピールできるようになったら、大丈夫です!念願のフリーランスになりましょう。

 

具体的には、ランディングページ(LP)作成案件を二桁対応した実績があれば充分です。

 

結局フリーランスは実績が全てなので、例え副業であっても実績さえできればば、フリーランスである程度稼げます。

 

5万〜10万の案件を月に4、5本こなせるようになれば、30万以上は余裕で稼げるようになりますよ。

 

未来は明るいです。

 

まとめ

フリーランスになって稼ぎたいと思っているあなたに、codecamp(コードキャンプ)のデザインマスターコースをを受講して身につくスキルと、選ぶ理由や、稼げるようになる方法を解説しました。

 

その方法としては

稼げるようになるための方法
  1. CodeCamp(コードキャンプ)のデザインマスターコースをなるべく早く終わらせる
  2. CodeCamp(コードキャンプ)の現役エンジニアの講師に案件の取り方を教わる
  3. まずは副業で月5万を目指す
  4. 実績を積んでフリーランスになる

でしたね。

 

でも、CodeCamp(コードキャンプ)は、初めて受講する人のために無料体験をのデザインマスターコースを受ける前に、まずは

 

CodeCamp(コードキャンプ)は初心者のために無料体験を実施しています。受講される前に、無料体験をおすすめしています。

 

CodeCamp(コードキャンプ)の教科書がどのようなものか見てみたいとか、講師とのビデオ通話でレッスン体験って、どんなふうにするのか興味がありますね。

 

プログラミングの体験なんて、想像しただけでワクワクしますよね。

 

ぶっちゃけ何でも聞けます!別に細かいルールはありませんのでマンツーマンを体験する良い機会です。

 

あなたも、無料体験を受けて、気になることを聞いてみるといいですよ。

 

\CodeCamp無料体験の予約はこちら/※無料体験のみならお金は一切かかりません

※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

補足:悩んでいる時間がもったいない

CodeCamp(コードキャンプ)に通おうかな…どこのスクールがいいかな?ちゃんと見極めてからにしよう…」と、まだ悩んでいますか?

 

悩む気持ちはわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

 

悩むくらいなら、とりあえず無料体験をしてみて自分に合うスクールか試して、自分に合わないなと思ったらやめればいいのです。

 

簡単なことですよね。

 

IT技術が廃れることは今後もないので、プログラミングの人気はこれからも続いていくでしょう。

 

 つまり、今後も値上げの可能性も十分にあるので、なるべく早く無料体験を申し込んで、頭の中のモヤモヤをすっきりさせると何か閃くかもですよ。

 

CodeCamp(コードキャンプ)は無料体験が出来ますよ【予約制】

\CodeCamp無料体験の予約はこちら/※無料体験のみならお金は一切かかりません

※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに